仮想化基盤を導入する理由

仮想化基盤はクラウドと並んでよく利用されるケースが多くなっています。

仮想化自体は大型コンピュータ時代から存在している技術ですが、X86系のサーバ分野ではCPUの発達とともに最近になって注目を集めている技術です。

仮想化は主に2つの利点があり、リソースの最適化、障害時対応のしやすさがあります。



仮想化基盤によるリソースの最適化とは物理サーバの各種ハードウエアをソフトウエア化することで無駄なく利用することです。特にCPU、メモリ、ハードディスクについては仮想化することで無駄なく、そして動的に再配置することもできますので、稼働状況に合わせたリソースの最適化が可能になります。

仮想化基盤で特に注目されているのが障害時対応です。

Nutanixについて興味がある方にオススメのサイトです。

複数のサーバでシステムを構成し、サービスの円滑な稼働を目標としている場合は1つが故障しても他のサーバで稼働させますが、1つのOSでシステムを組まざる得ない場合は障害時に他の環境での早期の復旧が重要になります。

これまではバックアップサーバを用意しておいて切り替えるなどの作業が必要でしたが、仮想化基盤を使うことでOSを他の環境で稼働させる、ライブマイグレーションが利用できるようになっています。

ライブマイグレーションは物理的なサーバの移動も可能ですので業務遂行を続けられるメリットがあります。

便利なBIGLOBEニュースの初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

また、マイグレーション処理は自動化されていますので、OSによる生存確認やシステム判断で自動で切り替えてくれます。